あらゆるニーズに応えるビジネスフォームのエキスパート 株式会社ヒロタ
ホーム
業務委託
製造・販売
ビジネスフォーム
メーリングシステム
カードシステム
空気清浄機
お問い合わせ
採用情報
会社案内
 
製造・販売(メーリングシステム)
 
多様化、高度化するビジネス環境に対応するため、各企業ではパソコン、通信ネットワークなどの最新のビジネス機器を導入し、合理化を図っています。でも、とかく忘れがちなのがメール類の発送業務。請求書、案内状などの郵便物処理や自動化は、一般の企業でも重要な課題で、コスト削減や合理化など企業活性化のキーポイントといえるでしょう。

Pitney Bowes社では、「スピード、信頼性、柔軟性」を満足させる全自動封入封緘システムTabletop inserting System 5 Seriesを開発。5 Series独自のプログラム機能を使用することで、多種多用なメール類を迅速に、確実処理します。
 
F553シートフィーダ
カット紙を正確に丁合いし、紙折り部へと搬送します。
バッチ処理またはOMR(光学式文字読み取り機構)による名寄せ。
すべてのシートフィーダからそろえられた用紙は、単一丁合いとしてグループ化。
用紙を通すと自動的にダブル検出をセットする自動重送感知装置。
 
F552紙折機
グループ化された帳票セットを封筒に合わせて紙折します。
まとめ折りは60g/uの用紙で6枚までできます。
5パターンの紙折り+折りなし標準3ツ折り、2ツ折り、Z折り(2パターン)、4ツ折り、折りなし
 
F551封入フィーダー
丁合時に、他のカット紙や紙折りされた同封物を同時封入できるようフィードします。
用紙を通すと自動的にダブル検出をセットする自動重送感知装置。
 
F550ベースユニット
一つにまとめられた封入物を封筒に挿入し、封緘して郵便物として仕上げます。
各モジュールへアクセス可能なコントロールパネル。
5カ国語の表示が可能なディスプレイ。
各モジュールをモニタリングします。
 
■なんと、人手の約20倍の早さで処理
5Seriesなら紙折りや封入作業が、人手と比べ約20倍のスピード処理。これまで人手に頼っていた郵便処理業務の効率化によって省力化した人材の有効活用が図れます。
サイクルスピード4,200通/毎時。
重送防止、マーク照合不一致の場合は、封緘前に排紙されます。
バースター、カッターを使用すると、コンピーター出力用紙や連続帳票など連続用紙のままで機械処理が可能となります。
 
■各フィーダー毎に封入物をチェック
5Seriesはリーディング・エッジ・ソフトウェアを採用しているため、各フィーダー毎の封入物を正確にチェック。発送先に間違えた封入物を郵送するようなことはありません。
重送検出機能/封入用紙の厚みを検出し、二重封入を防ぎます。
テスト封入/作業前にサンプル用紙の厚みを検出し、記憶します。
OMR(光学式マーク読み取り機能)オペレーション/ベリファイマッチ、シークエンスチェックなどをOMRでチェックして、正確な封入作業を行います。そのため、ランダム名寄せが可能です。
 
■封入内容の変更などもフレキシブル
最高5点フィーダーまでの構成ができるなど、封入物のコントロールをシステム変更で簡単にできます。
OMR(Optical Mark Recognition光学式マーク読み取り)機能。
OMRマーク名寄せ/複数枚の請求書の名寄せなど封入の枚数をマークにより支持可能。
セレクトフィード/受け取るユーザーに合わせて封入物を選択し、封入します。
ベリファイマッチ・シーケンスチエック/同一封書に封入する封入物の照合。
 
■自由な組合わせのモジユラータイプ
5Seriesはベースユニットにシートフィーダーや紙折り機、封入フィーダーなど各種処理装置を組み合わせるモジユラータイプ。そのため、封入フィーダーに追加やオプションのカッター、バー スターなどの組み合わせで用途に応じた自由な組み合わせが可能です。
 
■誰でも簡単に操作できます
コントロールパネルのメッセージに従って操作するだけの簡単操作のため、初めての方でもすぐにご利用になれます。
作業内容、システムのセットアップ、機器稼動状況(報告モード)、診断モードなどすべては、コントロールパネルの指示に従って操作するだけ。作業プログラムは最高10種類セットアップできます。
5カ国語表示(日本語、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語)ができるディスプレイ。
バツチの設定、スピード変更、紙折りだけのオペレーション、選択封緘、選択フィードなど多彩な機能が選択できます。
診断モードで各コンポーネントを個別で作動させてテストできるため、センサー等が正確に機能しているかどうかをチェツクできます。(例・センサー、マグネット、モーター、キースイッチなど)
報告モードで全通数、各フィーダーの通数、エラー通数などが報告されます。
 
■最新の技術を搭載
1. 直線上の用紙搬送/一直線の用紙搬送のため、反転などがない安定した設計
2. フェースアップ用紙が常に上を向いているため、オペレーションが簡単にチェックできます。
3. フリクションフィード/カード、小冊子、紙折りした同封物などを正確にフィードします。
<<< 戻る
 
Copyright(C) 2003 HIROTA Co.Ltd., All Right Reserved.